JR特急列車緊急停止 10時間以上運転見合わせ

テレビ大分 カテゴリ:地域

10日午前、宇佐市内のJR日豊本線で電気設備の破損が原因で特急列車が緊急停止するトラブルがありました。10時間以上に渡って運転見合せが続き午後6時ごろに運転再開となりました。緊急停止した特急列車の乗客が撮影した映像には、走行が出来なくなったため乗客が線路に降りて別の列車に移動している様子が映っていました。乗っていたおよそ200人にけがはありませんでしたが2時間ほど現場に取り残されたということです。JR九州によりますと10日午前7時20分ごろ、日豊本線で停電が発生しました。JRが調べたところ宇佐駅と豊前長洲駅の間にある踏切付近で架線が切れているのが確認されました。また近くを走っていた特急列車もパンタグラフが破損し緊急停止しました。この影響で中津駅と杵築駅の間が一時、運転見合わせとなりました。復旧作業は終わり、午後6時ごろから運行は再開されています。