小学生と園児が“稚鮎”3000匹を放流 夏には体長18cm程まで成長 愛知・豊田市 矢作川

カテゴリ:地域

 小学生らが稚鮎の放流を体験です。

 バケツから川に放され元気に泳ぐ稚鮎…。愛知県豊田市の矢作川では17日、市立西広瀬小学校の1、2年生の児童とこども園の園児らあわせて40人が稚鮎およそ3000匹を放流しました。

 バケツから放された体長13センチほどの稚鮎が、川の浅瀬を元気よく泳ぎ回ると、子供たちは歓声を上げていました。

参加した子供:

「大きくなって、いっぱい卵を産んでほしい」

 矢作川漁協では流域全体で今後、50から60万匹の稚鮎を放流する予定で、夏のシーズンには体長18センチ程まで成長するということです。