正確に思い出すメカニズム 世界で初めて解明

富山テレビ カテゴリ:地域

脳科学を専門とする富山大学の研究チームが、

脳が記憶を混同せずに,正確に思い出すメカニズムについて世界で初めて解明した。

認知症治療への応用も期待されている。

富山大学学薬学研究部の井ノ口馨教授とカリム・アブドウ特命助教の研究チームは

脳内の細胞の活動を可視化し、記憶の保存のされ方や複数の記憶の結びつき方など記憶のメカニズムの研究を続けてきた。

そして今回記憶を、ごちゃまぜにせず思い出す、脳のメカニズムを世界で初めて解明し

その研究成果は、アメリカの科学誌「サイエンス」電子版に掲載された。

記憶のメカニズム。記憶は学習時に活動した特定の脳神経細胞集団に割り当てられる。

その細胞集団には神経細胞と呼ばれる、しっぽのような長いケーブルを通じて

別々の記憶同士が脳内で結びつく時、脳が働いている状態となる。

井ノ口教授は、その神経細胞をつなぐ先には「シナプス」と呼ばれる

接合部があり、そのメカニズムを、マウスの実験で世界で初めて明らかにした。

実験は、マウスに音の高さを変えた、高い音と低い音の2種類のブザーを流し、

それぞれに電気ショックを与え、脳内の記憶細胞に

ブザーが鳴ると、電気ショックがあることを記憶させる。

これによりマウスはブザーが鳴ると、電気が流れると思い込み反応するようになる。

次に高い音には反応した脳内の記憶細胞をつなぐ「シナプス」の機能を弱め

一方の低い音には、そのままにしてブザーを鳴らすとマウスは低い音だけに反応。

これにより記憶細胞が、シナプスによりつながることで、

記憶を思い出すことができるとわかった。

井ノ口教授はこの解明を認知症の治療法に応用しようと考えている。