メガソーラー規制強化へ 環境アセスメント条例改正の方針 静岡県

カテゴリ:地域

伊東市のメガソーラー計画が問題となる中、県は一定規模の太陽光発電を規制できるよう、いわゆる環境アセスメントの条例改正をめざす方針を明らかにしました。

太陽光発電をめぐっては、事業に適した平坦な土地が減り森林の伐採など環境を破壊してつくる計画が問題となっています。

県は事業者に自然環境の保全を求める条例、いわゆる「環境アセスメント」の対象事業に太陽光発電を加える案を31日に審査会に提案しました。

改正案は用地面積が50ヘクタール以上か森林を伐採する面積が20ヘクタール以上の計画に環境アセスメントを実施し自治体が開発計画を監視する機会を増やします。

県は審査会の答申後、市町や市民から意見を聞いたうえで、できるだけ早い施行を目指す考えです。