女子ソフトボールリーグ開幕 去年優勝のトヨタ 上野由岐子投手攻略できず黒星スタート

 女子ソフトボールリーグが13日開幕し、去年優勝のトヨタ自動車が日本のエース・上野由岐子投手を擁するビックカメラと名古屋で対戦しました。

 去年のリーグチャンピオンと日本のエースという注目の対戦に、パロマ瑞穂野球場にはおよそ6000人の観客が詰めかけました。

 先制したのはトヨタ自動車。4回に坂元選手がレフトへのホームランを放ちます。

 しかし、その後同点に追いつかれると、6回からビックカメラのマウンドに上野投手が立ちます。

 地元で白星を挙げたいトヨタ自動車でしたが、日本のエースを攻略できません。

 延長までもつれる接戦となりましたが、8回に得点を許し、トヨタ自動車は黒星スタートとなりました。