寸劇で自転車盗難防止呼びかけ【香川・高松市】

カテゴリ:地域

ユニークな寸劇で訴えたのはカギをかけることの大切さです。

街中での自転車の盗難防止を呼びかけるイベントが11日、高松市で行われました。

(寸劇みせ)

「困った困った、僕の大事な自転車がないよー」

「ぼーっとカギ忘れてんじゃねーよ!」    

人気番組の決め台詞をもじった言葉で寸劇を行うのは、

香川県警のマスコットキャラクター「ヨイチ」とことでんの「ことちゃん」。

駅前に鍵をかけず停めていた自転車を盗まれてしまったことちゃんに、

ヨイチが鍵をかけることの大切さを説きます。

寸劇が行われたことでん瓦町駅周辺では2019年に入ってから県内で最も多い約40件の

自転車の盗難被害が起きていて、その4分の3は高校生や大学生が無施錠の自転車を

盗まれたケースだということです。

(高松北警察署瓦町交番 七條靖崇所長)

「通学時間に急いでいて鍵をせずに行く生徒が多いと思われる。

 急いでいても心に余裕をもって鍵をしてもらう。

 できれば二重ロック(前輪・後輪)してもらいたい」                     

11日はこのほか、近くの高松商業高校の生徒らが、

駅の利用者にチラシを配り自転車の防犯や安全利用を呼びかけました。