ネコ城主さんじゅーろー探してまち歩き【岡山・高梁市】

カテゴリ:地域

城下町の活性化へ、主役はこちらの人気者です。

高梁市の備中松山城のネコ城主、「さんじゅーろー」に関する謎解きをしながら

街歩きを楽しむイベントが11日から始まりました。

(謎解きをする人 ゴープロで本人撮影)

「ここじゃない?」           

街中に隠されたクイズを探して歩く女性たち。

高梁市で11日から始まったイベント、「さんじゅーろーをさがせ」の参加者です。

推定3歳のオスのネコ、さんじゅーろーは2018年7月、西日本豪雨の後備中松山城に迷い込み、

そのまま居ついたため「ネコ城主」に任命されました。

大山(一言お願いします)猫「ニャー」   

その人気ぶりに注目した観光協会が企画したのが今回のイベントです。

(報告 大山崇 @白壁の街並みで)    

「参加者は街歩きとLINEでヒントを探しながら答えを探す。

 高梁市の街並みを楽しみながら謎解きに挑戦します」          

(探す様子 見せ)「あった!あった!」 

イベントはさんじゅーろーが逃げ出したという設定で、市内5ヵ所に隠されたクイズを探します。

その答えを無料通信アプリ、LINEで送信してさんじゅーろーの居場所を突き止めるとクリアです。

参加料は大人1200円で、クリアすると限定のキーホルダーがもらえます。

(参加した人は…)

「高梁市に住んでいても、なかなか歩く機会がない。小さな発見があって面白い」

徒歩なら約2時間、史跡や観光施設を巡りながらクイズの答えを探すため、

まちの歴史を学ぶこともできます。

(高梁市観光協会 中村宏史 会長) 

「備中松山城は人が来るが、城下町を回遊してもらえないという課題があった。    

 お店もいろいろある。経済効果になれば」

イベントは11月4日まで。

人気のネコ城主が市中心部にも人を呼べるか期待がかかります。