新生活情報誌「さりお」12月創刊 山陽新聞社・OHK共同出資の新会社が説明会 【岡山・岡山市】

カテゴリ:地域

山陽新聞社とOHKが共同出資して立ち上げた新会社「山陽リビングメディア」が2019年12月に創刊する新しい生活情報紙について9日、岡山市で説明会が開かれました。

説明会には共同出資した山陽新聞社の松田正巳社長やOHKの中静敬一郎社長らが出席し、2019年12月6日に創刊する生活情報紙「さりお」を紹介しました。「さりお」は、山陽新聞社と岡山リビング新聞社が発行していたフリーペーパーを統合して創刊されるもので年間46回、金曜日に発行されます。岡山市、倉敷市、赤磐市、早島町の主要エリアで20万部配布され、山陽新聞社が持つネットワークや営業力、リビング新聞の生活に密着した取材力、OHKの映像訴求力や速報性をミックスして、紙面とテレビ、インターネットが連動した地域に役立つ生活情報メディアを目指すとしています。