豪雪にもめげず青々と 勝山水菜 雪の下から

カテゴリ:地域

大雪の影響で収穫が中断していた福井県勝山市の伝統野菜「勝山水菜」の収穫作業が再開しました。

今も深い雪に埋もれた畑で、雪の下から青々とした葉をのぞかせているのは、春を告げる伝統野菜「勝山水菜」です。

勝山市郡地区にある小玉勲さんの畑では、1月下旬から収穫を始めていましたが、2月の大雪で畑に2m近い雪が積もったため収穫を中断。畑の除雪を続け、1ヵ月ぶりに収穫を再開しました。

小玉さんの畑でもハウスがつぶれるなどの被害もあり、水菜も日照不足の影響でやや茎は細いものの、雪に耐えた分甘みが強いということです。