“脱走受刑者”自動車窃盗などで追起訴

テレビ愛媛 地域

今年4月、愛媛県今治市の刑務所施設から逃走した罪で起訴されていた男が、逃走で使った車を市内で盗んだ窃盗などの罪できょう追起訴されました。起訴されたのは、松山刑務所大井造船作業場に服役していた平尾龍磨被告(27)です。起訴状などによりますと、平尾被告は施設から逃走した直後近くの住宅から自転車を盗みました。さらに別の住宅に忍び込んで現金およそ3万円や貴金属、その後、広島県の向島に逃走する際に使った車などを盗んだ窃盗と住居侵入の罪です。松山地検は、公判に支障があるとして平尾被告の認否を明らかにしていません。平尾被告はその後も向島や尾道市内で窃盗を繰り返しながら逃走したと見られていて、引き続き立件に向け捜査が行われています。