山本二三美術館が故郷・五島に

テレビ長崎 カテゴリ:地域

 アニメーションの美術監督として、数々のジブリ作品を手がけた山本二三氏の美術館が、故郷の五島市にオープンしました。

 美術館は、江戸時代に建てられた武家屋敷を改修したもので、1日テープカットを行い、完成を祝いました。中学時代まで五島で過ごした山本さんは、東京で美術系専門学校に在学中から、アニメの背景画の仕事に携わりました。山や海、空など    自然の描写に定評があり、「もののけ姫」など、スタジオジブリの数々の映画を手がけてきました。会場には、40年間をかけて描かれた作品や、故郷の「五島百景」の一部などおよそ100点が展示されています。

来場者は「すごく優しさが出てる」

漫画家志望の女性「背景がすごい壮大で、すごく勉強になる」

 このほか会場には、山本さんのアトリエを再現した部屋や、短編アニメを鑑賞できるコーナーなども設けられています。

山本二三氏「私も苦学して専門学校に行ったんですけど、貧しくても夢があれば叶うんだと、美術館を通して若者たちに言えるといいなと」

 世界遺産に登録が決まった「潜伏キリシタン関連遺産」とあわせ、美術館は、五島の新たな観光スポットとして人気を集めそうです。