犯罪“加害者”の家族に対する支援を…仙台市のNPO法人が東海地方で活動開始 名古屋

東海テレビ カテゴリ:地域

 支援が届きにくい犯罪加害者の家族の実態や抱える悩みについて考えるシンポジウムが、名古屋で開かれました。

 刑事事件の容疑者となり、逮捕された加害者の家族は、捜査や報道に巻き込まれ社会的制裁の的になることもありますが、被害者の家族に比べて支援が届きにくいことが課題となっています。

 仙台市のNPO法人「ワールドオープンハート」が中心となって開いたシンポジウムには、弁護士らが出席し、犯罪加害者の家族の実態や抱える悩みなどについて議論しました。

 東海地方で加害者家族の支援団体がこうした活動をするのは初めてです。

「ワールドオープンハート」は、3月31日に名古屋市内で相談会を開くなどして支援を広げていきたいとしています。