女児殺害で無期懲役 「娘が浮かばれない」遺族がコメント発表【新潟市】

カテゴリ:地域

去年5月、新潟市西区で当時小学2年の女子児童を殺害するなど7つの罪に問われている小林遼被告。

検察側が死刑を求刑していたのに対し、4日の判決公判で新潟地裁は無期懲役を言い渡しました。

女子児童の遺族が裁判のあとにコメントを発表。

「被告人が娘に対してしたことは許されることではなく、私たちの宝物である娘の命を奪った以上、命を持って被告人が罪を償うのが当然で、私どもは死刑でも足りないと思っております。私どもの元へ娘が帰ってくることはもうないわけですが、被告人がこれからもずっと生きていく理不尽は納得できません」

「裁判を通じて被告人が口先だけの謝罪を繰り返し、実際に反省心がないにもかかわらず、しかも、そのことを裁判官も裁判員の皆様も被告人の態度を見て分かってくださっていたにもかかわらず、被告人が生きて社会に出る可能性を残す判決となったことについては、加害者に寛大な司法で憤りを感じているというのが現在の偽らざる心境です」

「娘の存在は何だったのか、これでは娘が浮かばれないと思います。残念という言葉では言い尽くせないほどの気持ちでおります」