名古屋市議の報酬 1455万円が4年間延長へ “800万円案”否決され河村市長「市民をナメとる」

東海テレビ カテゴリ:国内

名古屋市議会は15日の本会議で、河村市長が目指した再度800万円に引き下げる案が否決され、現在の1455万円が4年間延長されることになりました。

名古屋市議の報酬について、きょうの市議会本会議では、河村市長が提案した800万円に引き下げや、現状の1455万円の4年間維持など、3つの案について採決がありました。

その結果、市長案は否決され、自民・名古屋民主・公明の主要3会派が提出した現状維持案が賛成多数で可決されました。

市議報酬を巡っては2011年に河村市長が主導しておよそ1630万円の報酬を800万円に引き下げましたが、2016年に3会派の主導で引き上げられていました。

河村市長:

「お手盛り中のお手盛りだよ、これ。ナメとるからなんですよ、市民を」

河村市長は次の6月定例会でも報酬800万円にする案を再度提出する意向です。