“三球三振”の公式戦デビューに…根尾が2軍開幕戦スタメン出場 守備で魅せるも打席では課題

(リポート)

「今日は中日ドラゴンズ2軍の公式戦開幕ということで、まだ開場前ですがナゴヤ球場にはずらっと行列ができています」

 中日ドラゴンズの2軍、ウエスタンリーグが、15日開幕。注目の選手はもちろん…。

ファン歴約40年の女性:

「昨日ナゴヤドームで根尾君を見て、今日も出ればと思って」

ファン歴約5年の男性:

「“生根尾”を見られたらなと。(子供が)根尾君みたいに素直に育ってくれたらなと」

ファン歴13年の女性:

「(Q.きょうの根尾選手への期待は?)きょうもヒット…ホームランを打ってほしいです」

 根尾選手といえば14日、1軍のオープン戦でヒットを打ったばかり。2軍とはいえ、根尾選手、15日が初めての公式戦です。

 試合前の練習では、荒木コーチと2人で何やら話し込む姿も。時折、笑顔も見せリラックスした様子ですが、試合直前には…。

(リポート)

「いま試合前のノックが行われているんですが、根尾選手の表情は、いつもと変わらず冷静です」

 キュッと引き締まったいつもの冷静な表情に。

 15日、初めて1番ショートでスタメン出場した根尾選手。見せ場はいきなり、守備でやってきます。先頭打者の三遊間の深いゴロを矢のような送球でアウトに!

 その裏、注目の1打席目。

 相手は侍ジャパンにも選ばれているオリックス・山岡投手。わずか2球で追い込まれた3球目でした。鋭いスライダーを前に全く手が出ず、三球三振。続く2打席目も力のあるストレートに差し込まれ、サードゴロに倒れます。

 その後の打席でも三振など凡退した根尾選手。14日の初ヒットとは一転、プロのレベルの高いボールを前に、課題を残す結果となりました。