12月市議会開会 給与は市長「減額」市職員「増額」へ【新潟市】

カテゴリ:地域

新潟市は3日が市議会12月定例会の開会日です。

財政が厳しい中、市から来年度以降の市職員の給与を引き上げる給与条例案が提案されました。

中原八一市長は今年9月、人件費を10年で26億円削減することなどを盛り込んだ『集中改革プラン』を示していましたが、市職員の給与引き上げを求める人事委員会の勧告に従う形となりました。

この一方で中原市長は、改革への姿勢を見せるとして月額給与を自身は20%、副市長は10%と、それぞれ削減する案を提案しています。

中原市長は「とにかく着実に集中改革期間を実行していく。丁寧に市民の皆さん議会の皆さんからご理解をいただけるように進めていきたい」と改革への意欲を示しています。

新潟市議会の12月定例会は今月23日まで開かれます。