黒部名水マラソンに 1万人超のランナーが 健脚競う

富山テレビ 地域

黒部川の扇状地を駆け抜ける「黒部名水マラソン」が行われ

澄み切った青空のもと、県内外から過去最多の

1万人を超えるランナーが健脚を競いました。

大会はフルマラソンや10キロの部など6種目が行われ

全国各地から過去最多の申し込みで、

1万591人のランナーが参加しました。

このうちフルマラソンは、特別ゲストとして招かれた

シドニーオリンピックの金メダリスト、

高橋尚子さんが見守る中

午前9時に黒部市総合公園を5700人余りのランナーが

勢いよくスタートしました。

きょうは晴れの清々しい天気となり、

参加したランナーたちは沿道からの声援を受け

黒部の自然を楽しみながら気持ちよさそうに

コースを駆け抜けていました。