佐賀・九州新幹線長崎ルート レール発進式

サガテレビ カテゴリ:地域

工事が進められている九州新幹線長崎ルートの武雄温泉・長崎間で30日、新幹線用に建設された高架にレールを敷く作業が始まった。九州新幹線長崎ルートのレールの敷設作業は、嬉野温泉駅の建設予定地で始まった。作業の前に鉄道・運輸機構の幹部や佐賀県の南里地域交流部長、嬉野市の村上市長らが参加して発進式が行われ、レールを送り出す機械に日本酒をかけ、作業の安全を祈願した。作業では200メートルのレールを1日最大800メートル敷設し、およそ2週間かけて嬉野市と長崎県の県境にある俵坂トンネルの出口までつなげる。鉄道・運輸機構は、暫定開業する2022年度まで長崎駅までのトンネル掘削作業と並行しながらレールの敷設作業を続けるとしている。