境港クロマグロ漁終了

山陰中央テレビ カテゴリ:地域

6月から続いていた境港のクロマグロの水揚げが漁獲制限量に達し、今シーズンの漁を終えた。12日、クロマグロが17トン水揚げされた。今シーズンの総水揚げ量が漁獲制限の1000トンに達したことから6月4日に始まった今シーズンの漁が終了、漁期は39日間で昨シーズンより8日間長くなった。今シーズンの特徴は「扱いやすい」と量販店の需要が高まっている30キロサイズが多く水揚げされた点。平均取引価格は1キロ1215円で昨シーズンより95円の高値だった。漁業関係者は資源保護のため2010年から続いている漁獲制限によって来年も安定した漁を期待している。