鹿児島市 ミニバイク転倒で35歳の男性死亡

鹿児島テレビ カテゴリ:地域

11日昼過ぎ、鹿児島市の国道でミニバイクが転倒し、運転していた35歳の男性が死亡した。

警察によると11日午後0時55分ごろ、鹿児島市宇宿1丁目の国道225号線で道路を走行していたミニバイクが転倒した。この事故でミニバイクを運転していた鹿児島市中山町の会社員・竹内広介さん(35)が病院に運ばれたが、約1時間後に死亡した。現場は鹿児島市街地の方向に3車線、指宿市方向に2車線の見通しのいい直線道路で、竹内さんは3車線の道路の左車線を走行していた。警察では竹内さんがどうして転倒したのかなど、事故の原因を調べている。