大嘗祭に合わせ県内でも国の繁栄祈る 彌彦神社で大嘗祭当日祭【新潟・弥彦村】

カテゴリ:地域

皇位継承に伴い一代に一度だけ行われる重要祭祀「大嘗祭」。

天皇陛下が国民の安寧や五穀豊穣を祈られた14日、県内でも国の繁栄を願い祈りが捧げられました。

この日も多くの参拝客が訪れていた弥彦村の彌彦神社では、大嘗祭当日祭が行われました。

これは神社の神様に大嘗祭が滞りなく執り行われることや皇室と国の繁栄を祈願するものです。

宮司が祝詞を読み上げ巫女が舞を奉納すると、参列者も頭を垂れ祈りを捧げました。

平成への代替わり以来となる儀式に神主は。

【彌彦神社 高橋良直権禰宜】

「非常に緊張している。災害が起きても最小限に収まるような平和な時代になるといい」

参拝に訪れた人は。

【参拝者】

「古くからあるしきたりなのでこれからも大事にしてほしい。平和で皆さん安心して暮らせる社会になってほしい」

令和が穏やかで安定した時代となるように…

各地で祈りが捧げられました。