新発田市で1位のお米は? 美味しさの秘訣は標高!?【新潟】

カテゴリ:地域

新発田市で14日に開かれた「新発田のおいしいお米コンテスト」。

生産者の意欲向上などを目的に毎年開かれています。

5回目の今年は過去最多の83人がエントリーし、機械による審査などを経て、上位10人が最終審査に挑みました。

誰が作ったお米かわからないように番号を振り、同じ炊飯器を使い、同じタイミングでご飯を炊いていきます。

審査員の中には高校生の姿も… 若者の意見を取り入れようと、新発田農業高校の生徒も参加しています。

そして、見た目や味・香りなど5項目で審査を行いました。

一見全て同じお米に見えますが…

【新発田農業高校の生徒】

「モチモチしていて一粒一粒大きい。お米と米粒が少し硬いというのがわかった」

審査員は45分ほどじっくりお米と向き合います。

そして、いよいよ結果発表!

第一位「金賞米」は、食感と味で高い評価を得た新発田市中々山の津田修一さんが受賞しました。

【津田修一さん】

「まさか金賞米になると思わなくてびっくりした。標高が高いうちらの集落は(猛暑の影響も少なく)それも一つの要因」

表彰式は12月3日に行われます。