会社員からバッグ奪おうとしたか 強盗致傷容疑で少年4人逮捕 鹿児島市

鹿児島テレビ カテゴリ:地域

7月、鹿児島市の路上を道路を歩いていた男性を殴ってけがをさせたとして、強盗致傷の疑いで9日までに少年4人が逮捕されました。

強盗致傷の疑いで逮捕されたのは、鹿児島市に住む17歳から18歳の解体作業員の少年ら4人です。

警察によりますと、4人は共謀して、先月5日の深夜、鹿児島市堀江町の路上を歩いていた鹿児島市の会社員の男性(31)に肩をぶつけて因縁をつけ、男性に殴る蹴るの暴行を加えてバッグを奪おうとした疑いが持たれています。

男性は肋骨を折るなどの大けがをしたということです。

警察の調べに対して、3人は「金が欲しかった」と容疑を認めていますが、1人は容疑を一部否認しているということです。

4人のうち2人は先月、別の男性に暴行を加え、財布を奪った疑いで逮捕されていました。

捜査関係者によりますと、先月の事件で逮捕された2人の少年のSNSでのやりとりなどから、ほかの少年を割り出したということです。

鹿児島市の繁華街・天文館周辺では、6月下旬から同様の被害が数件届けられていて、警察がさらに捜査を続けています。