旧暦にあわせて高さ17mの七夕飾り 鹿児島市

鹿児島テレビ カテゴリ:地域

鹿児島市の仙巌園では、旧暦の七夕にあたる7日、高さ17mの七夕飾りがお目見えした。

仙巌園では毎年、裏山から切り出した孟宗竹に飾り付けをする島津家伝統の七夕飾りを再現している。去年は台風の影響で中止となったため、七夕飾りは2年ぶりとなる。

孟宗竹は高さが17mあるため、クレーンを使って慎重に立てていく。訪れた人の中には「お父さんがイケメンになりますように」と願う子供も。

夏の風にそよぐ色鮮やかな短冊をまとった七夕飾り。今月10日までの4日間、御殿前に飾られている。