台風10号15日最接近 暴風や大雨・高潮などに厳重な警戒を【岡山・香川】

カテゴリ:地域

大型の台風10号は、15日の昼過ぎから夕方にかけて岡山県と香川県に最も近づく見通しです。気象台は、暴風や大雨、高潮などの災害に厳重な警戒を呼びかけています。

大型の台風10号は、種子島の南東にあって、時速およそ15キロで西北西に進んでいます。中心の気圧は965ヘクトパスカル、今後、やや発達して15日の昼過ぎ以降に岡山、香川に最も近付く見通しです。15日午前6時までの24時間の予想雨量は、多い所で香川県が150ミリ、岡山県が40ミリ、さらに、その24時間先では岡山、香川ともに200から300ミリとなっています。15日午前中から暴風域に入る予想で、岡山、香川とも陸上では最大風速20メートルの暴風となる予想です。

また、台風の接近が大潮の時期と重なり、高潮の恐れがあります。特に香川県では、14日夜から15日未明にかけ、潮位が平常より40センチ高くなる予想で、15日の夜にはさらに高くなり、警報が出る可能性があります。気象台は、暴風や大雨、高潮などの災害に厳重な警戒を呼びかけています。