観光列車「あめつち」運行開始

山陰中央テレビ カテゴリ:地域

山陰本線の鳥取と出雲市駅間を走る新しい観光列車「あめつち」の運行が始まった。鳥取駅に姿を見せた観光列車「あめつち」、JR西日本が展開する観光キャンペーンに合わせて運行を開始した。「あめつち」は山陰本線の鳥取と出雲市駅間を4時間かけてゆっくりと走り、宍道湖や大山などが見える区間では、景色を楽しんでもらおうと速度を落とす。JR鳥取駅で行われた出発式には、鳥取県の平井知事はじめ地元関係者が集まり、運行開始を祝った。土、日、月曜の週3回、1日1往復運行される。観光キャンペーンでは、「あめつち」の他にも米子ー鳥取駅間を結ぶ臨時特急「大山」なども特別に運行されることになっていて、鉄道を利用した山陰の魅力の発信や関西・山陽方面からの誘客が期待されている。