色鮮やかに「朝顔展」始まる

テレビ大分 カテゴリ:地域

大分市では 27日から朝顔展が始まりました。展覧会の会場となっている県護国神社には、市内の愛好家が育てた赤や紫など色とりどりの朝顔が並んでいます。主催者によりますとことしは連日の記録的な猛暑の影響で、朝顔の開花が例年より5日ほど早くなっています。また、つぼみから満開になるまでの期間も短いため、花の大きさが一回りほど小さくなっているということです。こうした中でも、種まきの時期をずらしたり温度調節を行うなど愛好家の努力のかいもあってことしも「日本の夏」を彩る朝顔およそ600点が出品されています。この朝顔展は花を入れ替えながら7月31日まで開かれていて、午前7時から正午までで無料で見学できます。