猛暑の中 早期米の収穫始まる

テレビ大分 カテゴリ:地域

猛暑が続く中、県内のトップを切って佐伯市蒲江では26日から早期米の稲刈りが始まりました。佐伯市の沿岸部では台風の影響を受けやすいことから本格的な台風シーズンを迎える前に収穫できるコシヒカリの早期米が栽培されています。26日は県内のトップを切って佐伯市蒲江波当津地区の松田恵治さんの田んぼで稲刈りが行われました。ことしは田植えをした4月以降、雨が少なく気温が高い日が続いたため生育が順調に進み例年より1週間ほど早い収穫となりました。収穫量は例年並みで出来もよいということです。佐伯市内ではおよそ100ヘクタールに早期米が植えられていて収穫のピークは8月上旬だということです。