高知空港にLCCが初就航発表

2018年12月に高知初の格安航空会社LCCが就航することになりました。初めて高知龍馬空港と成田空港を結ぶ便が運航します。

29日、格安航空会社(LCC)のジェットスター・ジャパンが東京で新しい就航路線を発表しました。発表によると高知と成田空港を結ぶ路線と、高知と関西国際空港を結ぶ路線の2路線が1日1往復、2018年の12月中旬から運航します。

ジェットスター・ジャパンは低コスト、安い運賃でサービスを提供する格安航空会社の一つで、四国では松山や高松と成田空港を結ぶ路線を運航しています。

高知県はこれまで2年をかけLCCを誘致。29日の発表を受けて県は12月の就航に間にあうよう支援することにしています。具体的には高知空港のカウンターやベルトコンベアーを整備する費用やカウンター業務に必要な手荷物量りやX線検査機などを整備する費用を支援すべく準備を進めています。

8月初めに尾崎知事自ら交渉のため千葉県にあるジェットスターを訪問。格安航空会社の初の就航を喜びました。

高知空港に新しい国内就航路線が増えるのは2013年のフジドリームエアラインズの高知-名古屋線が就航して以来5年振りです。また高知空港に格安航空会社が就航するのは初めてです。