なぜ出火…損傷激しく特定できず 加山雄三さんの光進丸 重機で数日かけ解体 静岡・清水港

テレビ静岡 地域

先月炎上した加山雄三さんの船「光進丸」。

実況見分が行われましたが出火原因は特定できず、清水港で解体が進められています。

山内章仁カメラマン「清水港上空です。重機を使って光進丸の解体作業が進んでいます」

先月、西伊豆町で火災を起こし沈没した光進丸。

所有者と加山さんの所属事務所が加山さん本人の意向を確認した結果、解体処分が決まりました。

光進丸は出火原因を調べるため清水港に移送され、警察や消防などが実況見分を行いました。

しかし、船体の損傷が激しいため原因の特定には至らないまま調査は終了しました。

出火原因がわからないため、警察は船の管理者の責任を問わないということです。

加山さんが「自分の半身を失ったよう」だと語った光進丸。

数日かけて解体されます。