世界のバイヤーが熱視線 きょうから静岡ホビーショー 足18本のムカデロボットも

テレビ静岡 地域

全国最大級の模型の見本市「静岡ホビーショー」が今年も開幕しました。

早速、世界中からバイヤーが集まり最新の商品を探しています。

静岡ホビーショーは今年で57回目を迎えます。

初日のきょうは業者向けの商談会で、国内のメーカー84社の新製品に国内外から集まったバイヤーが熱い視線を送っていました。

大阪大学とタミヤが開発したムカデロボットは18本の足と胴体でムカデ特有の動きを再現します。

会場には定番のプラモデルのほか、こうしたロボットも展示されています。

静岡ホビーショーは12日(土)と13日(日)に一般公開されます。