巨額除雪費財政難 職員給与削減条例案 提案~福井市議会

福井テレビ 地域

今年2月の記録的な大雪による巨額除雪費で財源不足に陥っている福井市。13日の福井市議会で、職員の給与削減に関する条例改正案が提案されました。議会最終日の26日に可決される見通しです。

大雪で約50億円の除雪費がかさみ、財源不足に陥った福井市は、全ての職員の給与を削減する方針を示していて、この日の市議会で給与削減に関する条例改正案を提案しました。

削減幅は職員の等級に応じて2.5%から10%で、一般職職員全体で平均5.8%。このほか管理職手当を10%、市長ら特別職の報酬を20%を、7月から9カ月間、総額5億円を削減する内容です。

職員給与削減の条例案は議会最終日の26日に可決される見通しで、最終日には議員報酬の削減案が提案される見通しです。