米朝首脳会談の成果 県立大・島田教授「先が思いやられる」

福井テレビ 地域

アメリカのトランプ大統領と北朝鮮・金正恩(キム・ジョンウン)委員長による史上初めての米朝首脳会談が12日、シンガポールで行われました。

朝鮮半島やアメリカの政治の専門家で、拉致被害者を「救う会」全国協議会副会長で福井県立大学の島田洋一教授は、米朝首脳会談の成果について、「4項目合意も記者会見も具体性に欠けていて、先行きが思いやられる」と話しました。

また、トランプ大統領から提起されたという拉致問題について、島田教授は「一番いいのは“拉致問題を日本が納得できる形で解決しなければ制裁は解除しない”と言ってくれればよかったのだが、踏み込んでくれなかったという思い」

今後は日朝会談、日本の責任でやらないといけないと日本政府に釘を刺したうえで、「アメリカに圧力を緩めないように直接訴えなければならない」と話しました。