旧優生保護法・山形県立の3施設94人に手術強制か

さくらんぼテレビ 地域

旧優生保護法の不妊手術強制問題で、山形県は14日、県立の障害児入所施設で計94人が手術を受けていた可能性があるとした。

この問題は旧優生保護法の下で障害がある人に不妊手術が強制されていたもの。県内ではこれまで、県に残る資料から31人が手術を受けたと推定されていて、県は引き続き、県立の障害児入所施設3施設についての調査を進めてきた。

この結果、資料が残っていた666人のうち、1952年から1983年までの間に施設に在籍していた計94人が不妊手術を受けていたと見られることが新たに分かった。内訳は男性が37人、女性が57人で、年齢は12歳から26歳。いずれも生活や学習の様子を記録する「児童記録簿」に「優生手術済」などの具体的な記載があったという。94人中11人は県がすでに発表した31人に含まれるため、手術を受けたと見られる県内の障害者は計114人に上ることになった。

また県は今回の調査に合わせて、当時施設で働いていた職員8人に聞き取りをし、「手術を受けさせる際には親の同意があった」などの回答を得たとしている。