重要文化財「旧鶴岡警察署庁舎」の修復完了 山形・鶴岡市

さくらんぼテレビ 地域

山形県鶴岡市で進められていた「旧鶴岡警察署庁舎」の修復工事が終わり、14日、記念式典が行われた。

式典では、鶴岡市の皆川治市長などがテープカットし竣工を祝った。旧庁舎は134年前の明治17年に建てられた。日本と西洋の建築様式が入り交じった斬新な建物で、2009年に国の重要文化財に指定されている。

修復は致道博物館が約5億1000万円かけ5年がかりで行ってきた。耐震補強が施された他、外壁は建設当時と同じように白から鮮やかな水色へと塗り直された。旧庁舎は15日から一般公開される。

(致道博物館・酒井忠久館長)

「感無量。長かった。何となくお城の感じがしなくもないので鶴岡の風景にも似合うのではないか」