広島4位指名!韮沢選手の地元・魚沼市も喜びに沸く【新潟・魚沼市】

カテゴリ:地域

17日の埼玉県の花咲徳栄高校。放課後、緊張した表情で現れたのは…

【花咲徳栄高校 韮澤雄也選手】

「(授業に)集中しようと思ったんですけどすごく緊張してました」

魚沼市出身の韮澤雄也選手です。

韮澤選手は走攻守3拍子そろった内野手で、今年の18歳以下の日本代表にも選出。世界大会でベストナインにも輝きました。

【韮澤選手】

「中学のころからプロ野球選手になれといわれていて、中学の頃から意識でやっていた」

11球団から調査書が届いていた韮澤選手。

緊張した様子で校長室のテレビを見ながら、運命の瞬間を待ちます。

そして、広島東洋カープから4位で指名され韮澤選手は驚きで固まってしまいました。

一方で歓喜に沸いていたのは、韮澤選手の地元・魚沼市の実家です。

【地元の人たち】

「ゆうちゃん、ばんざーい!ばんざーい!・・・」

中学時代には、より高いレベルを求め魚沼市から新潟市に通いながら技術を磨いてきた韮澤選手。

その送迎をしていたのが両親でした。

【父・浩文さん】

「土日は新潟市のほうでお世話になって、平日はこちら(魚沼市)で陸上部で走り込んでいて。すぐにでも一軍で活躍する姿を見たい」

多くの支えを受けながらつかんだ夢。韮澤選手は感謝の思いを胸に活躍を誓います。

【韮澤選手】

「家族だったりの支えがなかったら、ここまでこられないと思っている。これからも感謝して野球を続けたい。自分が活躍して新潟の子供たちに勇気とか夢とか与えられたらと思っています」

また、17日のドラフト会議では独立リーグ・BCリーグの新潟アルビレックスBCの樋口龍之介選手が北海道日本ハムから育成2位で。

同じく日本ハムから育成3位で長谷川凌汰投手が選ばれました。

新潟県勢の選手が指名されるのは4年連続となります。