観光客を呼び込む 門川湾でクルージングの試験運航

テレビ宮崎 カテゴリ:地域

風光明媚な門川湾をPRして観光客を呼び込もうと、クルージングの試験運航が行なわれています。

クルージングの試験運航は、門川町の遊漁船などでつくる組合が、今月からはじめているもので、きょうは、報道機関向けにモニタリングツアーが行なわれました。

ツアーでは、町の観光協会の職員と船主が説明しながら、国の天然記念物カンムリウミスズメの繁殖地となっている枇榔島や遠見半島の洞窟に作られた祠など、1周およそ15キロのコースを回りました。

中でも無人島の乙島には、入り口の高さが、およそ14メートル、奥行き63メートルもある巨大な洞窟があり、圧巻の景色を楽しむことができます。

門川町観光協会・大石事務局長は「海に出ないと見れない景色がほとんどです。ですからやはり門川町民の人も知らない人が多いです、門川町を県内はもとより、色んなところに発信していきたいですね」と話しました。

クルージングの予約は、町の観光協会で受付けています。

試験運航は来月末まで行なわれ、秋以降、本格的な運航を目指したいとしています。