車と観光バスが衝突 男性1人死亡 20人重軽傷 長野・松本

カテゴリ:地域

13日昼過ぎ、長野県松本市の国道で乗用車と観光バスが衝突しました。乗用車の男性が死亡した他、バスの乗客など20人が重軽傷を負いました。 

警察によりますと午後0時半ごろ、松本市安曇の国道158号線で普通乗用車と観光バスが正面衝突しました。この事故で、乗用車を運転していた大阪市の公務員、金岡新太郎さん(56)が胸などを強く打って死亡し、助手席にいた妻(52)も重傷を負いました。観光バスの乗客19人も顔などに軽傷を負いました。

観光バスは茨城県ひたちなか市の会社が運行していたもので、乗客乗員あわせて43人が乗っていました。上高地に向かう途中で事故に遭い、バス会社の担当者は「乗用車がセンターラインを越えてきたらしい」と話しています。