夏限定の巨大オブジェ 瀬戸芸前に観光客をアートで出迎え 【香川・高松市】

カテゴリ:地域

7月19日に瀬戸内国際芸術祭の夏会期が始まります。高松市の丸亀町商店街には、観光客をアートで出迎えようとこの夏限定の巨大オブジェがお目見えしました。

高さ3.5メートルのネコのオブジェ「SHIP’S CAT」。潜水服を身にまとった巨大な白猫のアート作品です。丸亀町商店街の三町ドーム広場に7月6日にお目見えしました。白猫がまっすぐ見つめる商店街の先、複合商業施設「丸亀町グリーン」には色違いの黒猫が。これらのオブジェは、7月19日に始まる瀬戸内国際芸術祭夏会期で、香川を訪れる観光客をアートでもてなそうと丸亀町商店街が設置したもので、過去に芸術祭にも作品を出展したことがある現代美術家、ヤノベケンジさんが制作しました。ネコが「潜水」する様子に時を忘れるほど楽しい「竜宮城」のような高松の街の魅力が表現されています。

近くの洋菓子店では、オブジェの黒猫の顔をかたどったチョコレートムースを販売。早速、1週間で120個以上を売り上げる人気商品となっています。 

8月15日まで設置されるネコのオブジェ。たくさんの観光客を招き入れ、高松市中心部で出迎えます。