鹿児島県警察本部 豪雨被害の広島県に部隊を派遣

鹿児島テレビ カテゴリ:地域

西日本を中心とした豪雨災害に対し、13日、被災地支援のため、鹿児島県警の派遣部隊が広島県に向けて出発した。

今回、広島県に派遣されるのは、九州管区機動隊や鹿児島県警察本部の機動隊などあわせて22人。派遣は広島県公安委員会からの要請によるもので、具体的な活動内容や派遣先などはまだ決まっていないが、広島県で3日程度、捜索や救助活動を行う予定だという。

出発を前に、鹿児島県警の前山良民警備部長が「皆さんを待っている被災者が大勢いる。被災者が1日も早く日常を取り戻せるように頑張ってほしい」と派遣部隊を激励した。

鹿児島県警によると、県外の被災地への警察官の派遣は、去年7月の九州北部豪雨による大分県への派遣以来という。