長崎くんち 小屋入り

テレビ長崎 地域

6月1日は諏訪神社の秋の大祭・長崎くんちの小屋入りです。今年、奉納踊りを披露する7つの踊町の関係者がけさ、神社を訪れ稽古の無事を祈願しました。

シャギリの音が響く中、今年の長崎くんちの踊町の世話役や出演者が長崎市の諏訪神社を順々に訪れました。「小屋入り」は稽古の無事を祈るもので、昔、小屋を建てて身を清め稽古に専念していたことに由来します。今年の踊町は小川町、大黒町、椛島町、出島町、本古川町、東古川町、紺屋町の7ヵ町で、皆、清祓を受けて気が引き締まった様子でした。

本古川町 長采 田代直樹さん「清々しい気持ちで今日の朝を迎えました」「スピード、パワー、気迫で、この3つで行きたいと思います」

10月のくんち本番に向けてそれぞれの踊町は本格的な稽古に入ります。