久大本線 豪雨で流された鉄橋架け替え工事終了

テレビ大分 カテゴリ:地域

2017年の九州北部豪雨で流されたJR久大本線の鉄橋の架け替え工事がこのほど終わり日田市で神事が行われました。7月14日から列車の運行が再開されます。完成したのは日田市を流れる花月川にかかる鉄橋でJR久大本線が通ります。去年の九州北部豪雨で鉄橋が流されJR久大本線は日田駅と光岡駅の間が運転見合わせになっていました。当初、3年はかかるといわれた復旧工事は調整が迅速に進められ工事開始から1年を待たずに完成しました。7月7日に行われる予定だった完成式典は大雨で中止となったため、10日に神事が行われJR九州や地元などから関係者が出席して橋の完成を祝いました。日田市の原田市長は「来年のラグビーワールドカップやオリンピックなどビッグイベントを控えているのでインフラの開通は市にとってもありがたく喜ばしいこと」と話していました。またJR九州側も「観光や地域の通勤・通学や活性化に少しでも貢献できたら」と話していました。JR久大本線の日田駅と光岡駅の間は今月14日の始発列車から運行が再開されます。