JR山形駅西口の新文化施設・県民招き工事見学会

さくらんぼテレビ 地域

JR山形駅西口で工事が進む総合文化芸術館の建設現場で9日、見学会が行われた。

総合文化芸術館は山形県が整備している新しい文化複合施設。2016年秋に工事が始まり、来年9月の完成に向けて、現在鉄骨の組み立てが進められている。見学会には公募で集まった県民約50人が参加し、建設途中の現場を歩いて回り、2000人を収容する大ホールの工事の進み具合などを見学した。参加者は他にも、ワイヤーを使った鉄筋を組み立てなどを体験し、工事のスケールの大きさと大変さに驚いていた。

(見学した小学生)

「普通の現場よりも難しい工事だと思った」

(見学した小学生)

「細かい仕事の積み重ねでこういう大きい建物が造られていることが分かった。完成が楽しみ」

見学会は10月にも行われる。