愛媛で“あおり運転”で男を書類送検

テレビ愛媛 地域

先月4月14日、久万高原町へ向かう三坂道路であおり運転をしたとして、久万高原町の男が17日松山地方検察庁に書類送検された。書類送検されたのは、久万高原町の31歳の介護士の男。警察によると男は、先月4月14日国道33号線の三坂道路を普通自動車で走行中、前を走る車に著しく接近したり無理やり左側から追い抜いて、急ブレーキを繰り返すなど約5分間にわたってあおり運転をした疑い。調べに対し男は、「前の車が遅いことに腹がたった」と容疑を認めている。事故を伴わないあおり運転を暴行容疑で検挙するのは今回が四国で初めて。