日本一のオオサンショウウオ

テレビ大分 カテゴリ:地域

宇佐市の道の駅いんないで飼育されている「オオサンショウウオ」が大きさ、重さともに日本一となりました。宇佐市の院内町で保護されたもので道の駅いんないで13年前から飼育されています。きょうは地元の小学生などおよそ30人が集まり飼育開始以来、初めてとなる測定会が行われました。その結果、体長131.5センチ、体重およそ25キロで現在、飼育されている日本の「オオサンショウウオ」の中では大きさ、重さともに1位となりました。子どもは「13年間の間で日本一になるほど大きくなるとは思いませんでした」「院内の自慢が1つ増えたのでよかったです」宇佐市の担当者は「これからも長生きできるように大切に育てていきたい」と話しています。