まんが甲子園開幕

全国の高校生が漫画の腕を競い合う

「まんが甲子園」がきょう高知市のかるぽーとで開幕しました。

今年で27回目となるまんが甲子園には

301校の応募の中から予選を勝ち抜いた国内30校・海外3校の

合わせて33校が出場しました。

きょうは

第1次審査が行われ、5時間半の制限時間の中

「AI」というテーマで1枚のまんがを書き上げました。

県勢は

土佐女子・高知東工業・高知商業・高知工業の4校が出場。

あさって初戦を迎える野球部とW甲子園出場となった高知商業の生徒はー

高知商業の生徒

「自分らも頑張るからぜひとも(野球部も)頑張ってほしい

 お互い賞とろう!という気持ち」

去年に続く決勝進出を目指し真剣な表情で筆を走らせていました。

さらに、会場内には大手出版社の出張編集部コーナーが設けられ

県の内外から訪れた漫画家志望者が自分の原稿を売り込んでいました。

第一次競技の審査の結果、土佐女子・高知商業・高知工業の県勢3校を

含む15校が決勝進出を決めました。

高知東工業はあすの敗者復活戦に望みをつなぎます。