鹿児島県南大隅町 鹿児島銀行に感謝状贈呈

鹿児島テレビ カテゴリ:地域

来月にも国立公園に編入される予定の「雄川の滝」が注目されるきっかけとなったカレンダーを作ったとして、鹿児島銀行に鹿児島県の南大隅町から感謝状が贈られた。

雄川の滝は、鹿児島県南大隅町の根占地区にある幅60m、落差46mの滝で、現在は大河ドラマ「西郷どん」のオープニングにも登場し、観光客も多く訪れるようになっている。

元々、地元でも知る人は少なかったというこの場所が注目されたきっかけは、鹿児島銀行が作った2013年のカレンダーで、約7万4000枚が窓口で配られた。

6日は南大隅町の森田俊彦町長から鹿児島銀行の上村基宏頭取に感謝状と記念品が贈られた。

この「雄川の滝」、来月には「霧島錦江湾国立公園」に編入される予定。