はりまや橋商店街を大掃除

気持ち良くよさこいを迎える準備が整いました。

今年で65回を数えるよさこい祭り。高知市の木造アーケードの商店街「はりまや橋競演場」は踊り子を目の前で応援できるとあって多くの見物客が訪れる人気スポットです。

2日の朝、はりまや橋商店街では踊り子や観光客を気持ちよく迎えようと恒例の大掃除が行われました。

大掃除には去年のよさこい祭りで金賞を受賞した「とらっくよさこい(ちふれ)」など7チームの踊り子や商店街の関係者およそ50人が参加。踊り子たちはデッキブラシや高圧洗浄機を使って長さ135メートル幅8メートルの商店街をきれいに磨き上げていきました。

第65回よさこい祭りは9日の前夜祭で開幕し、およそ1万8千人の踊り子が乱舞します。