日田市でのボランティア作業終了

テレビ大分 カテゴリ:地域

去年の九州北部豪雨で甚大な被害が出た日田市で、住宅の復旧作業などを手伝うボランティアの活動が30日に終了しました。日田市では去年7月の九州北部豪雨で住宅の浸水などが相次ぎ、県内外のボランティアが復旧作業を手伝ってきました。特に被害が大きかった大鶴地区では去年9月以降、地元の住民グループがボランティアの紹介業務などを行ってきましたが、依頼も落ち着いてきたことから業務を終了。最終日には50人余りが参加し水路を塞ぐ土砂の撤去などを行いました。なお、九州北部豪雨の復旧に向けて日田市内で活動したボランティアは延べ1万2000人以上に上るということです。