高知商業 12年振り甲子園へ

創部100年の年に見事、第100回、夏の甲子園への出場を決めた高知商業高校。31日、ライバル校にも激励を受けながら甲子園へ向け出発しました。

7月26日に行われた県大会の決勝戦、9連覇を狙う王者・明徳義塾を相手に10対2の大差で勝利。創部100年の節目の年に12年振りとなる夏の甲子園出場を決めました。

高知商業の体育館で行われた壮行会に集まったのは在校生や保護者約200人。さらに高知高校をはじめ県大会を戦ったライバル校のキャプテンも激励に駆け付けました。

さらに高知商業野球部創部100年の歴史で初めて今年女子マネージャーが入部。 野球部はこれまで女子マネージャーの入部を認めていませんでしたが何度も練習を見学に来る根気に負けたといいます。試合中ふたりはアルプススタンドで応援するということです。

商業ナインは31日の午後1時に甲子園へ向け出発。夏の甲子園は8月2日に組み合わせ抽選が行われた後、5日に開幕します。